公益法人会計システム すたんばいみぃFc
◆平成18年度からの新<公益法人会計基準>に準拠した会計システムです◆


 日常の仕訳処理から月次決算、期末決算までを一貫処理。さらに伺書管理システム(オプション)と連結することにより、実行予算にとどまらず契約予算管理(未執行分)まで行えます。
 多彩な機能とやさしい操作で、仕訳伝票処理をはじめとする毎日の会計処理を大幅に省力化します。



image
 ■補正予算は何度でも行え、結果は画面上で即時確認が可能です。

 ■予算の流用も補正予算と同様何度でも行え、画面上での即時確認も可能です。
 また、1対n・n対1・n対mのいずれにも対応可能です。

 ■内部管理資料以外に登録予算のチェックリスト(2種類)、予算差引簿、
 予算執行状況表を用意してあり、円滑な予算管理業務が図れます。

補正予算入力イメージ 流用予算入力イメージ
<画像をクリックすると拡大します>

image
 ■伺書入力・伺書決裁入力・収支命令書入力の3画面からの入力による
 伺書管理機能があります。

 ■伺書決裁入力・収支命令書入力は省略することが可能ですので、
 お客様の事務処理に合わせて入力処理の体系を決定できます。

 ■伺書入力画面からの予算現額・執行済額・予算残額の確認が可能で、
 予算額を意識しながら伺書の登録ができます。

 ■伺書の各管理帳票や予算差引簿・予算執行状況表など、伺書・収支命令書
 のための帳票を用意しております。

 ■伺書・命令書からの自動伝票作成時には正味財産科目、伝票単独では予算
 科目の自動誘導を行いますので、一気に決算帳票用のデータが出来上がります。

画面image 画面image
<画像をクリックすると拡大します>

画面image

画面image
<画像をクリックすると拡大します>

image
 ■共通費等の按分処理では、会計区分および事業別での按分比率を事前に
 マスタ化することにより容易に作業が行えます。

 ■按分処理後の金額微調整は通常の仕訳伝票入力画面から可能です。


画面image
<画像をクリックすると拡大します>




<画像をクリックすると拡大します>

image
 ■本システムを利用する全ユーザを事前に登録し、パスワード設定により情報の
 セキュリティ強化が可能です。

 ■一操作員別でのセキュリティの他、複数の操作員を一まとめにしての
 グループによる包括的なセキュリティ強化も可能です。


画面image

※「すたんばいみぃFC」は(株)都築ソフトウェアの商標です。
仕様につきましては、改良のため予告なく変更になる場合がありますのであらかじめご了承ください。


| 出力帳票一覧 | スペック・推奨使用環境 | サポート体制のしくみ |
(c) copyright Tsuzukisoftware Co., Ltd. 2007 All Right Reserved